ハッピーセット『スーパーマリオ』チャレンジ3

ハッピーセット『スーパーマリオ』チャレンジ3 マクドナルドのハッピーセットは、レジを見ていると子連れのおばちゃんたちが購入しているので、やっぱり小食の大人が食べるセットとして定着しているんですね。 いや、おばちゃんなんて言ってはいけません。 どう見てもボクよりも年下世代の人たちですから、お姉さんとでもしておきましょうか。 やっぱり、お嬢ちゃんにしておこうかな。 まぁ、お嬢ちゃんがハッピーセットを購入している、と書いた時点で意味がだいぶ変わってくるんですけど。 大人が食べるハッピーセットですが、なぜかセットメニューのドリンクにコーヒーがないんですよ。 ナゲットとポテトとコーヒーだったら、もっといいセットになると思うので、マクドナルドの方は是非ご検討ください。 『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』(Amazon) てなわけで3つ目。

「なにが入っているのかはおたのしみ!」の文字が急に眼に入ってきました。 これは何の暗示でしょうか? きっといい暗示ではないはずです? 間違いなく悪い暗示なのではないかと思います。 うがった見方をすると、ボクにとってのお楽しみではなく、この読者さんへのお楽しみなのでは? 不幸に陥ったボクがどう対処するか、そんなことに対するお楽しみなのでは? 見た感じも触った感じも、すでに手にしているモノと同じような気がするのですが? 実は、こういうときはチェックする場所があるんですよ。 袋を裏返すと注意書きが書かれていますが、当然ながら、一番大事なのはそこではありません。 いや、注意書きは大事なのですが、中身を確認するには重要ではないといいたいわけですよ。 裏を見た時に一番大事なのは、右下の部分。 ここに書かれているコードが大事なんですよ。 すでに入手しているおもちゃは2つあります。 「アタック!パックンフラワー」のコードは「WH-0123」。 「歩く!クリボー」のコードは「CB-1234」。 クリボーの「CB」は何となく想像がつくのですが、パックンフラワーの「WH」はよくわかりません。 もっと言うと、「0123」と「1234」も何を意味しているのかさっぱりわかりません。 まぁ、そのあたりの詳細はどうでもいいです。 大事なのは、このコードが同じ場合は同じおもちゃということです。 では、既視感のあった「アタック!パックンフラワー」の袋と今回の袋を比較してみましょう。

あれっ? なんだろう。 同じコードのような気がします。 気のせいだったら気のせいであってください。 勘違いだったら勘違いであってください。 夢だったら覚めてください。 気が付いた誰かがこっそりと交換してください。 ……いや、どう見ても同じおもちゃのようですね。 12種類のランダム封入なのに、3つ目ですでにダブりが出るのはおいしいということなのでしょうか? 今回は無理してコンプリートする気がないので、多分、12個も買わないと思うんですよ。 これは厳しいなぁ。 『マリオパーティ スターラッシュ』(Amazon) とりあえず並べて写真を撮っておきます。

未開封にしておいて、あとで交換できる人がいたらぜひお願いします。 中身はあなたが期待していた「アタック!パックンフラワー」ですよ。 4つ目以降も、購入次第ご報告させていただきます。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000