RFC0009『ダウ・ボーイ』

「レトロフリークチャレンジ」の第9回目は『ダウ・ボーイ』を扱います。 『ダウ・ボーイ』は、1985年にコトブキシステムがファミリーコンピュータ向けに発売したアクションゲーム。 元は海外のPCで発売されたタイトルのようですが、日本国内だとファミコン版がメジャーなんじゃないですかね。 レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (Amazon) レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークIII、SG-1000用ソフト向け】(Amazon) “ボーイ”と付いているので、子どもらしいゲームだと勘違いしそうですけど、実際のところはかなり物騒なゲーム。 というか、パッケージを見ればすぐにわかる事ですが、戦争を題材にしたゲームです。

1985年の発売当時、リアルタイムで購入してプレイしたゲームのため、ボク個人としてはメジャーなゲームなのですが、一般的にはあまり遊んだことがないゲームなのではないかと思います。 まぁ、パッケージを見て、なぜこれを子どもの自分が買ったかは、とくに気にしないことにしましょう。

タイトル画面を放置していると、いろいろなギミックを使って見せてくれているのですが、きっと遊んだことがない人からすると伝わらないことでしょう。 『ダウ・ボーイ』は、捕虜になった重要人物を救出に向かうゲームです。 タイトル画面に並んでいる2人は片方がプレイヤーキャラでもう片方が重要人物。 どっちがどっちなのかは、皆さんのご想像にお任せします。 『ダウ・ボーイ』(Amazon) 『ダウ・ボーイ』は5ステージ構成。 最初のステージでは資材を集めます。 このステージでしっかりと資材を集めておかないと、次のステージ以降で資材不足のためにクリアできないハマリ状態になることがあるので気を付けましょう。 2つ目のステージではダイナマイトで灯台を倒して橋を作り、川を渡っていきます。 川に触れるとプチッという音とともに兵士が死んでしまうのが最大のポイント。 3つ目のステージでは、ドラム缶をダイナマイトで爆破して隠されたカギを捜し、4つ目のステージではハシゴを使って壁を乗り越えていきます。 で、今回久々に挑戦してみたところ、ステージ4の途中で兵士に撃たれてゲームオーバー。 しかし、このタイトルを今後再挑戦するのはちょっと厳しいので、もう1回プレイ。 今度は5つ目のステージに到達。 5つ目のステージは、地雷ゾーンを潜り抜けて、建物をダイナマイトで爆破してカギを捜し出し、捕虜収容所に閉じ込められている捕虜を助けて、一緒に元の場所まで戻るのが目的になっています。 しかし、地雷ゾーンで爆死してゲームオーバー。 さて、3回目のプレイ。 今度は順調に救出ができて、無事帰還。

結果、2周目の川でプチッと死んでゲームオーバー。 スコアは50170点でした。 今考えると、レトロフリークで挑戦しているのだから、セーブ機能を使えば余裕でクリアできたんですけど、まぁ、それはそれとしておきましょう。 ちなみに『ダウ・ボーイ』は、ゲームラボ×仮面女子 ゲーム実況では、窪田美沙さんと月野もあさんがレトロフリークのセーブ機能を存分に使ってゲームに挑戦しているので、ぜひぜひご確認ください。 相当邪道なプレイなんですけど、奇跡のクライマックスを目撃する事ができますよ。 『ダウ・ボーイに挑戦!』【ゲームラボ×仮面女子 ゲーム実況】 酒缶のレトロフリークチャレンジ FC 9本 SFC 0本 SNES 0本 GB 0本 GBC 0本 GBA 0本 MD 0本 GEN 0本 PCE 0本 TG-16 0本 SGX 0本 GG 0本 MKIII 0本 SG 0本 ※画面写真はレトロフリークから出力された映像を使用して撮影しています。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000