周辺キキ一髪0003「スカイランダーフィギュア」

前回は『スカイランダーズ スパイロの大冒険』のフィギュアのデータを読み込むパワーポータルを紹介しましたので、今回はフィギュアの方を紹介します。


スカイランダーシリーズは、海外ではアクティビジョンが展開しているフィギュアを使用したゲームです。

日本ではスクウェア・エニックスが発売元なのですが、トイザらス限定で販売されたこともあって、いまいち知名度の低いタイトルになっています。


そのスカイランダーシリーズのフィギュアはこんな感じ。

こんな時にも使用できるなんて、amiiboのジオラマって本当に便利ですね。


amiiboジオラマキット 大乱闘スマッシュブラザーズ』(Amazon)


まぁ、そんなことは置いておいて、こちらはWii U版に同梱されていたフィギュアで左から順に、ギルグラント、スパイロ、トリガーハッピーという名のキャラクターになります。


【Wii Uソフト】 スカイランダーズ スパイロの大冒険 スターターパック』(Amazon)


ゲームをプレイする際には、ゲーム内でキャラクターを召喚する状態にして、パワーポータルにフィギュアを置くことで、ゲーム内にそのキャラクターを登場させます。

フィギュアを読み込むときには同時にフィギュアへのセーブも行っているため、過去にゲーム内で育てたキャラクターがいた場合、再度召喚するためにフィギュアを読み込むことで初めてフィギュア側にセーブデータを書き込むという、非常にわかりにくい仕様になっていました。


というか、電子取説を見て初めて気が付いたんですけど……。

ゲーム内ではキャラが召喚される表現しかしていないため、非常にわかりにくいのが問題です。

やっていることはamiiboと同じだと認識して問題なさそうですね。


続いて、3DS版。

こちらは左から順に、イグナイター、ダークスパイロ、ステルスウルフというキャラクター。

真ん中のキャラは、Wii U版のスパイロと同じかと思ったら、色違いのダークスパイロになっているのが、もしかしたら3DS版の最大の特徴かもしれません。


スカイランダーズ スパイロの大冒険 スターターパック [Nintendo 3DS]』(Amazon)


いずれにしても、『スカイランダーズ スパイロの大冒険』はアクションゲームで、キャラを召喚させて、そのキャラクターを操作してステージをクリアしていきます。

そして、育てたキャラのデータをフィギュアにセーブしておけば、他機種の同タイトルにキャラを持っていくことができます。


任天堂ハードとソニーハードでデータのやり取りができるのは、とても画期的なことでしたよね。


ちなみに、Wii U版のフィギュアを紹介しましたけど、Wii版とPS3版に同梱されているフィギュアはそれぞれこんな感じになっています。

この辺、フィギュアを別々にしてくれればよかったのに……。


スカイランダーズ スパイロの大冒険 スターターパック』(Amazon)

【PS3ソフト】スカイランダーズ スパイロの大冒険 スターターパック』(Amazon)


ソフトだけでなく、対応のフィギュアもトイザらス限定販売だったため、なかなか買いづらいタイトルでした。

ボクもフィギュアは全然手を出しませんでしたし……。


海外ではスカイランダーシリーズのタイトルがほかにも発売されているので、amiiboみたいに収集すると後々の展開を想像しながらわくわくできたんですけどね。

Nintendo Switchも発売されたことですし、改めてスクエニさんが頑張ってくれないかな。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000