RFC0029『南国指令!! SPY VS SPY』

「レトロフリークチャレンジ」の第29回目は『南国指令!! SPY VS SPY』を扱います。

『南国指令!! SPY VS SPY』は『スパイVSスパイ』の続編。

前作は大手ゲーム会社に忍び込んでディスクシステムの設計図を奪うという、ある意味スケールの小さなお話でしたけど、あれってたぶん、日本だけの話で、実際には軍事関係の機密を盗んじゃったりしていたんじゃないですか。


レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (Amazon)

レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークIII、SG-1000用ソフト向け】(Amazon)


まぁ、プレイステーション2が軍事利用をうんぬんかんぬんとか妙な話があったから、ある意味先駆け的なゲームだったのかもしれませんけど。

というか、今回は南国にいるのに、盗むものはミサイルですよ。

新兵器の試作ミサイル。

舞台は南国ですけど、これが北の国だったら相当恐ろしいので、少し胸をなでおろすところです。

そんなわけで、若干躍動感のあるパッケージビジュアルにより、ヘッケルもジャッケルもやる気満々で、ミサイル盗みに挑戦したりするわけです。


そういえば、タイトルを見るといきなり設定が大きくなっていましたよ。

前作はゲーム会社のケムコとトムコの争いだったのが、今作ではケムコ国とトムコ国。

リアルなケムコは広島県にあるので、中国(地方)から南国マッドアイランドへミサイルを盗みに来たわけですよ。

挑戦に来たわけで。

パッケージにもそこそこインパクトがありましたけど、ゲーム内容的にもやっぱりインパクトがあります。

そもそも前作の知識があっても、どうにもなりません。

モノを盗んで逃げれば勝ちという基本ルールは同じですけど、そもそもの盗むものの形状が違うから、前作のような作戦は取れませんし、外なので室内のような仕掛けの使い方ができません。

しかし、一番の違いは、前作は1画面固定で部屋を移動していくタイプだったけど、今作は横方向にはスクロールすること。

移動手段やマップ把握がかなり重要なゲームになっています。


簡易マップだと繋がっているけど、実際には池があって、回り道をしないといけないような、意地悪なつくり。

しかも、穴を掘ってミサイルの1部を見つけて、3つつなげて小脇に抱えて脱出するという、ちょっとシュールなビジュアル。


南国指令!! SPY VS SPY』(Amazon)


ドタバタ感はあるモノの、かなり意味不明なんですよね。

穴を掘って相手を落とすのはわかりますけど、ヤシの実を仕掛けられても、ヤシにはミサイルが隠れているわけではないので、武器を取るために罠にかかるようなことはしたくなく、ヤシの実なんて容易に調べられませんよ。


迎えの潜水艦が結構意地悪な感じで島の周りを移動していて、脱出そのものが運っぽかったりしますが、それでもどうにか一通りのマップをクリアすることが出来ました。

いずれにしてもこのシリーズはCOMが結構ミスをするので、冷静に対処するとCOM戦は意外と楽勝。

個人的には前作の方が好きでしたけど、結構好みが分かれるタイトルなので、機会があればぜひ遊び比べてみてください。



酒缶のレトロフリークチャレンジ

FC 29本 SFC 0本 SNES 0本

GB 0本 GBC 0本 GBA 0本

MD 0本 GEN 0本

PCE 0本 TG-16 0本 SGX 0本

GG 0本 MKIII 0本 SG 0本


※画面写真はレトロフリークから出力された映像を使用して撮影しています。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000