横浜の夜が楽しくなってきた

数年前の『笑っていいとも!』の終了と同じくらいインパクトのある出来事が今年の3月に神奈川県民に降りかかりました。

神奈川県の朝および、夜の再放送で、平日は毎日2回ずつお目にかかっていた『SAKUSAKU』の放送終了。


個人的には番組の存在は木村カエラ&ジゴロウ時代から知ってはいたモノの、当時は放送時間が7時30分から。

会社員だったこともあり、リアルタイムに放送を見ることはなかなかできませんでした。


その後、中村優&ビンちゃん時代はフレックスになったり会社員をやめたりした関係で多少は見れるようになり、三原勇希時代以降はハードディスクレコーダーの存在もあり、朝と夜の放送がそれぞれ録画され、見てから削除をするような日々が始まったため、同じ映像を2回以上見るくらいの存在になっていました。

しかし、その生活も3月で終了。


4月からは朝の時間帯は『ウルトラマンティガ』が放送されていて、完全に子供向けの時間帯に移行してしまったようですが、夜の時間帯は『関内デビル』が始まっています。

『関内デビル』は番組の表面的な見た目は『SAKUSAKU』とは違うモノの、テイストはまさに『SAKUSAKU』の黒幕さん時代の進行。

そこに「関内」というテイストが入ることで、以前よりも横浜色の強い地域を根差した番組に感じます。

まぁ、実際には最近発生した加村さんの「わかんない、かんない……関内デビル!」のくだりくらいしか関内テイストは無かったりしますけど。


ボク自身は別に関内出身ではないのですが、子どもの頃に街に行くといえば横浜駅よりは関内駅だったので、関内にはそれなりに思い入れがあります。

当時、野球を見に行くときは必ず横浜スタジアムでしたし、歯が痛くなったら伊勢佐木の通りの近くにある関本歯科に通っていたので、関内がフィーチャーされるのは本当に喜ばしいことです。


今でも、歯を抜いて麻酔が効いている状態で、ヤマギワのゲーム売り場で当時発売したばかりの『チャレンジャー』を買って帰り、麻酔が切れても必死でプレイしていたことを思い出しましたよ。

どうでもいい話ですけど……。


関内デビル |デジタル3ch テレビ神奈川

一方、深夜0時台は、ここ数年、ミュートマやポップパレードを見るようになっていました。

この2つの番組も録画で見ていたのですが、なんとなく23時30分からの『SAKUSAKU』からの流れとしての視聴。

そして、ミュートマに関しては、実はここ数年は久しぶりに見たというだけで、実のところテレビ神奈川を昔から見ていた人からすると80年代からお目にかかっている「ミュージックトマト」の流れ。

いろいろと形を変えながらも、ミュージックビデオ中心の番組は、神奈川県民の体に流れているわけですよ。


正直言うと、アナログ時代は横浜市内に住んでいるのになぜかテレビ神奈川がきれいに見れない環境だったりしましたけど、それでもYOUTUBEなんかがない時代に無料で最新の音楽をチェックするためにミュージックトマトにはお世話になっていました。


ミュートマ2 | 番組案内 | デジタル3ch テレビ神奈川

それが、4月から23時30分~ 「関内デビル」、24時~ 「ミュートマ2」という流れになって、平日には必ず1時間の素敵な枠が完成しました。

朝はなくなってしまったのですが、個人的には全部録画で見ていたので特に問題ありません。

現在はこれまで以上にテレビ神奈川に依存する生活になっています。


で、屋根の上時代の「SAKUSAKU」の頃はジングルによくゲームの曲が使われていたのですが、そのテイストが最近の「ミュートマ2」の木曜日、「木トマ」で見かけます。

「木トマ」と言いながら、実のところ木曜日の24時からなので、曜日としては金曜日だったりしますけど、以前はポップパレードがやっていた時間帯なので、アイドル関係の曲が扱われている番組になっています。


最近はジングルが変わってしまったのですが、最初の頃は番組全体に『ソロモンの鍵』テイストがありました。


また、「上野優華の虫を無視するなっ!」のコーナーでは、今でも『光神話 パルテナの鏡』の曲が結構使われているので、今からチェックするならこちらかもしれません。



で、最近の木トマで一番チェックしてほしいのは、藤井先輩のTシャツ。

木トマは、パソコンに向かって作業をしている藤井先輩が番組を進行していくのですが、この時に見える藤井先輩のTシャツがゲームTシャツなんですよ。


最初の頃はあまり気にしてなかったのですが、5月11日の放送では『ダライアス』、5月18日放送では『ニンジャウォーリアーズ』のTシャツを着ていたので、次回以降はどんなTシャツを着ているか気にして見ると面白いかもしれません。


テレビ番組をキャプチャーするのもアレなので、ボクの所有する「ニンジャウォーリアーズ」のTシャツをさらしておきます。

だいぶ肉々しくなってしまった……。


次回はもしかしたら藤井先輩は普通のTシャツを着ているかもしれませんけど、ポケモンカードの開封とかもやっているので、ゲーム好きはチェックしてみるとよいですよ。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000