パッケージや取説で答えを確認できるクイズ11

そろそろ1985年も佳境に迫ってまいりました。

最近のパッケージゲームだと普通にジャンル表記があったり、オフィシャルサイトの情報でも大体の場合ジャンルを表記していますけど、この時代はまだまだジャンルの表記がないどころか、今でいう定番のジャンルがいまいち定着していないことはわかってきたかと思います。


さて、そんな中で、今回ご紹介するのは『ボコスカウォーズ』。

今回は『ボコスカウォーズ』だけでクイズを作ってみようと思います。

まずはベタなヤツから。



第21問:

30年の月日が経って続編が配信されたことでも有名な『ボコスカウォーズ』はパッケージのイラストを見ると当時からこの独特なデザインだったことを気付かされますが、パッケージに書かれている「□□ちがう○○」の□□と○○に当てはまる言葉は何でしょう?

ボコスカウォーズ』(Amazon)


ヒント:

□□は何か違いを表すようなときに足される漢字2文字の言葉、後半の○○は現状のジャンル表記に該当する言葉になります。



このゲームの場合、当時のジャンル表記と現状のゲームから類推するジャンル表記と、開発者が想定しているジャンル表記はそれぞれ別の言葉になるんじゃないかな、と思ってしまいます。


で、この『ボコスカウォーズ』の取扱説明書をパラパラと見ていたら、こんなページがあったので、それぞれまとめてクイズにしちゃいましょう。



第22問:

1985年にファミコンに参入したアスキーは、この年に『ボコスカウォーズ』以外にも3本のゲームを発売していますが、下記のそれぞれのタイトルのジャンルっぽいヌケ部分に当てはまる言葉はそれぞれ何でしょう?

『アストロロボSASA』→「○○△△ゲーム」

『GEIMOS』→「●●のリアルな▲▲ゲーム」

『ぺんぎんくんWARS』→「愉快な◎◎ゲーム」

ボコスカウォーズ』(Amazon)


ヒント:

『アストロロボSASA』に関しては、以前出したクイズとはちょっと違った表記になっていたり……。



広告的な扱いのページなので、さすがにわかりやすい形でゲームを表現しています。

このあたりの表記は意外とわかりやすいため、ひねらない方が正解できるかな……。


解答は6月20日(火)の予定です。



さて、前回の答え合わせに移りますが、わかりましたでしょうか?


『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』も『ぺんぎんくんwars』も今ならアクションゲームでひとくくりにされそうですけど、そんなシンプルな答えにはならないですよね。


それでは解答です。


第19問解答:

「右方向にスクロールする大冒険ゲーム」

第20問解答:

「動物たちの痛快ボールゲーム」

オバケのQ太郎 ワンワンパニック』(Amazon)

ぺんぎんくんwars』(Amazon)


たぶん、『スーパーマリオブラザーズ』の影響なんでしょうけど、「右方向にスクロールする」という言葉の足し方は当時っぽいですよね。

「大冒険ゲーム」も「アドベンチャーゲーム」のノリなんだろうなぁ。


さて、それでは次からは1986年のタイトルに入りますかね。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000