パッケージや取説で答えを確認できるクイズ55

ファミコンで遊んでいると、パソコンのゲームに憧れる時代がありました。

いつかあのタイトルがファミコンに移植されるだろうと思って期待しても、実際そのタイトルがファミコンで発売されるとどこか違うと思ってしまうことがあり、やっぱりパソコンで遊んでみたいと思ってしまう時代がありました。


ファミコンの初期はまさにそんな感じで、パソコンのゲームをそのまま遊べるようなことはほとんどなかったわけですが、それでもファミコンに移植された時にものすごく評価の高かったゲームもありました。

このゲームがまさにそんな感じでした。




第109問:

ファミコンに移植するからといって特に子供に媚びることなく、「13歳以上の方に特にオススメします」と言い切ってしまったことでお馴染みのタイトルといえば『ウィザードリィ』ですが、パッケージ裏面に記載されている「〇〇ロールプレイングゲーム」の○○に当てはまる言葉は何でしょう?

ウィザードリィ』(Amazon)


ヒント:

特に捻らなくても答えにたどり着けるのではないかと思います。




というか、パッケージ表面をよく見ると書いてありましたね……。


いつの時代にもアニメ化され、その都度、ゲーム化されているアニメがあります。

さすがに、現在放送されているシリーズは家庭用ゲーム機では扱われないと思いますが、スマホゲームあたりは今後何らかの展開があるかもしれません。


そんなアニメのファミコン版の第2弾が、1987年末に発売されているのは、当時としては結構ハイペースだったのではないかと。




第110問:

1作目がアクションゲームだったのに対して、2作目はがらりとジャンルを変えてきたことでお馴染みのタイトルといえば『ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦』ですが、パッケージ表面に記載されている「○○△△で日本縦断妖怪退治だ」の〇〇と△△に当てはまる言葉は何でしょう?

ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦』(Amazon)


ヒント:

まぁ、戦うゲームなわけですよ。




ちなみに、パッケージ裏面には「R.Pゲーム」(R.P部分にはロールプレイングのルビ)と書かれているので、ロールプレイングゲームは解答ではないことはしっかりとお伝えしておきます。




解答は5月1日(火)の予定です。



さて、前回の答え合わせに移りますが、わかりましたでしょうか?



アイスホッケーは北米では人気のあるスポーツなので、日本のゲーム機でもそれなりに移植タイトルが発売されていた時期があったのですが、どうやらファミコンでは『スティックハンター』が最初のアイスホッケーゲームだったようですね。

いきなり、あの怖いパッケージにしなくてもよかったような気がしますけど……。




それでは解答です。


第107問解答:

「EXCITING ICE HOCKEY GAME」


第108問解答:

「興奮全開のRPRG」

スティックハンター』(Amazon)

タイトーグランプリ 栄光のライセンス』(Amazon)




『タイトーグランプリ』の「RPRG」は、「ロールプレイングレーシングゲーム」と読みます。

当時の「RPG」の概念には「役割を演じる」的な意味合いはあまりなく、カスタマイズや成長要素全般を「RP」で表していたように感じます。


『タイトーグランプリ』は繰り返しプレイしても、ボク自身が全く成長しなかったため、なかなか先に進めなかった印象しかないのですが……。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000