パッケージや取説で答えを確認できるクイズ56

任天堂のゲームソフトといえば、廉価版が発売されても製品コードが同じことでお馴染みですが、ファミコン時代は任天堂よりも自社工場で生産していたサードパーティの方が製品コードの管理がいい加減で、ユーザー的には別のタイトルと認識しているタイトルでも、同じ製品コードということが結構ありました。


そもそも、そのパッケージって前作と同じですよね、という反応をついついしてしまう代表的なタイトルは、有名なこのタイトルでした。




第111問:

前作のパッケージに「87年度版」のシールを貼っているだけのようにしか見えないことでお馴染みのタイトルといえば『プロ野球ファミリースタジアム’87』ですが、パッケージ裏面に記載されている「とびっきり熱~い〇〇ゲームだぜっ!!」の〇〇に当てはまる言葉は何でしょう?

プロ野球ファミリースタジアム’87』(Amazon)


ヒント:

パッケージが同じということは、前作のクイズと同じ答えなわけで……。




パッケージやカートリッジは「87年度版」のシールが貼ってあるだけですが、取扱説明書は収録チーム数や登場選手が変わっているので、マニュアルの内容はそこそこ変わっています。

まぁ、カートリッジもガワは前作と一緒でも、中身のROMは当然違っていますけど……。



シリーズタイトルがたくさん発売されると、その中でノケ者にされるタイトルが出てきます。

この場合、合間に発売された番外編的なタイトルが外されることが多いのですが、ファミコンユーザー的にはこのタイトルがきっかけだった人もいるため、このタイトルがノケ者にされてしまうのは、ちょっと寂しいモノです。

まぁ、当時の開発事情とか、遊んでいる方には伝わらないわけですから、しょうがないといえばしょうがないのですが、それでもやっぱり寂しいモノです。




第112問:

今となっては異形の怪物と戦うことも当たり前となったことでお馴染みのタイトルといえば『メタルギア』ですが、パッケージ裏面に記載されている「〇〇・△△アドベンチャーゲーム」の〇〇と△△に当てはまる言葉は何でしょう?

メタルギア』(Amazon)


ヒント:

ナンバリングタイトルでは「タクティカル エスピオナージ オペレーション」とかになっていましたよね。




小島監督が関わっていないことではファミコン版と同じ立場の最新作「METAL GEAR SURVIVE」は「サバイバルアクション」ですが、これも「タクティカルエスピオナージ サバイバル」とかにならなかったんですかね。

意味は全然分かりませんけど。




解答は5月8日(火)の予定です。



さて、前回の答え合わせに移りますが、わかりましたでしょうか?



今となっては『ウィザードリィ』シリーズ自体をあまり聞かなくなりましたけど、当時は満を持しての感じはありましたよね。

現状の「ファンタジー」という言葉と当時の「ファンタジー」の意味の違いとか、ちょっと考えさせられるような気がします。




それでは解答です。


第109問解答:

「ファンタジーロールプレイングゲーム」


第110問解答:

「シミュレーションウォーズで日本縦断妖怪退治だ」

ウィザードリィ』(Amazon)

ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦』(Amazon)




『ゲゲゲの鬼太郎』もある意味ジャパニーズファンタジー、ってことになるんですかね。

そもそも「シミュレーションウォーズ」なんて横文字を並べなくても、もう少し日本語でゲーム内容を表現できるような気がするのですが……。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000