RFC0092『まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!』

「レトロフリークチャレンジ」の第92回目は『まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!』を扱います。


原作漫画は当時の週刊少年ジャンプの漫画の中ではかなり異質で、個人的には大人向けのちょっとエッチな『ドラえもん』というイメージを強く持っていました。


レトロフリーク (レトロゲーム互換機) 』(Amazon)

レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークIII、SG-1000用ソフト向け】』(Amazon)


それゆえに、魔法アイテムの使い方によってはゲーム化しやすかっただろうな、という想像も容易にできます。

何だろう。

原作漫画と比べても、このパッケージはかなりファンシーなイメージが強いですよね。

多分、パッケージの色味の問題かな。

「タルるートくん」のビジュアルは、今見てもジャンプよりはコロコロコミック向けに感じてしまいます。

さすがに、後ろの人間については、それほどコロコロコミックっぽくはないけど(じゃば夫以外)。

『ドラえもん』のゲームは、ファミコンではシューティングとRPGでしたけど、スーファミやメガドラなど、その後の各社の展開はサイドビューアクションへと流れていきました。

つまりは、子ども向けで、ある程度役割が決まっている「ひみつ道具」を使わせるには、当時としてはサイドビューアクションがちょうどいい落としどころだったのではないかと思いますけど、大人向けのちょっとエッチは『ドラえもん』は、ファミコンの時点で見事にサイドビューアクションを実現していました。


ただ、個人的にはバンダイのキャラクタータイトルという流れでサイドビューアクションの何が近いか考えたところ、『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』が近いのではないかと思ってみたり。

『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』はそれぞれのステージが1エピソードになっているサイドビューアクションだったのですが、今作は1マップが1エピソードになっていて、ボードマップを進んでマスに入るとサイドビューアクションになっています。


つまりは、『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』が『スーパーマリオブラザーズ』だとすると、今作は『スーパーマリオブラザーズ3』という感じですかね。

結構雑な説明ですけど……。


まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!』(Amazon)


ストーリー的には、江戸城本丸くんが泣きついてきたのに対して、タルるートくんが何らかの対応をするような展開なのですが、プレイヤー自身が操作するのは常にタルるートくん。

ステージ内には人間サイズのたこ焼きが多数配置されていて、取ればお金のような扱いで、ステージクリア時に魔法アイテムの購入に使えるのですが、同時に足場にもなっていて、容易に食べてしまうとクリアが困難になることもあり、かなり頭を使うつくりになっています。


それでも、どうにかこうにか頑張って、8つのエピソードを突破してクリアすることができました。

いつも通り、最終画面を撮影するとなると、本来ならば砂嵐的な画面になるのですが、まぁ、それは最後のエピソードとタイトル画面をつなぐ大事な要素なので、そのあたりは、ジャンプバージョンのミニファミコンでプレイして確認してみるとよろしいのではないでしょうか。


ミニファミコンなら、セーブで困ることがないので、今からならばベストな選択となることでしょう。


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン』(Amazon)

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン+ニンテンドーUSB ACアダプター』(Amazon)


ちなみに、今作はセーブ機能があるのですが、初期の『バイオハザード』ばりにセーブ回数に制限があるので、ファミコン本体でプレイする際に個人的にベストだと思われる攻略法を教えておきます。


とりあえず最初は何も考えずにプレイを始め、ゲームオーバーまで遊んでみます。

次に、できるだけたこ焼きをたくさんとった上で、なるべくやられないようにゲームを進め、前回のプレイで引っかかったステージの直前と直後にセーブをするようにします。

後半にめちゃくちゃ難しいステージがあるので、前半はなるべくセーブ回数を減らしたいところ。


アイテムの購入は、なるべく「あたまたーぼくん」に集中させます。

この「あたまたーぼくん」はセーブ回数を増やすアイテムなので、できるだけたくさん、これを確保しておきましょう。

どうしても「タルるートくん」の残機数を増やしたくなるのですが、セーブさえできれば、「タルるートくん」の残機数がいくつあっても変わりありません。

なぜなら、1回失敗するごとに、リセットを押してセーブデータからやり直せばいいだけですから。


上記のようなことを繰り返すと、適度にアクションゲームの厳しさを実感しながら、着実に少しずつゲームを進めることができますよ。

まともにゲームを進めてしまうと、結局、最後にセーブをしたところでハマる可能性が高いゲーム。


ともかく、あたりが大きめで1発死にのシビアなアクションゲームなので、気合を入れてプレイすることをおすすめします。




酒缶のレトロフリークチャレンジ

FC 66本 SFC 8本 SNES 0本

GB 14本 GBC 0本 GBA 0本

MD 0本 GEN 0本

PCE 1本 TG-16 0本 SGX 0本

GG 2本 MKIII 1本 SG 0本


※画面写真はレトロフリークから出力された映像を使用して撮影しています。


パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000