RFC0101『ドラゴンボール 大魔王復活』

「レトロフリークチャレンジ」の第101回目は『ドラゴンボール 大魔王復活』を扱います。


ファミコン時代から「ドラゴンボール」関連のゲームはたくさん発売されているのですが、今作は2作目にあたります。

3作目が『ドラゴンボール3 悟空伝』とナンバリングになっているのですが、2作目の今作はナンバーが入っていないところがわかりにくいんですよね。


レトロフリーク (レトロゲーム互換機) 』(Amazon)

レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークIII、SG-1000用ソフト向け】』(Amazon)


まぁ、『ドラゴンボール 神龍の謎』がアクションゲームだったのに対して、それ以降の「ドラゴンボール」系タイトルがカードゲームだったことから、ナンバリングになっていること自体がわかりにくいだけなんですけどね。

てなわけで、今でもファミコンの『ドラゴンボール』は名作と言われる場合、大抵はカードゲームタイプのゲームのことを言っているわけですが、その1作目が今作になります。


しかし、その後のタイトルと比べると、いろいろと粗くて、プレイに気を使うタイプのゲームだったんですよね。

ゲームを始めるとボードマップがあり、カードが5枚配られます。

カードにはそれぞれドラゴンボールの☆と漢数字、それから、技を示す感じが表記されています。


使用するカードを選ぶと、そのカードのドラゴンボールの☆の数だけマップを進んでいき、止まったマスでは必ず亀仙人からカードを一枚目来るよう要請されます。

そのため、その後のシリーズと同様に、ボードマップの進行には小さい数字のカードを使い、バトルの時に大きな数字のカードを使えるように手持ちのカードを整えていくのですが、亀仙人のカードをめくった際に、結構頻繁にオババから手持ちのカードの全とっかえを喰らうため、なかなか大きな数字をストックできません。


そこで、カードの数字にはあまり気にせず、バトルや修行を繰り返すことで、ひたすらレベルを上げることに専念し、適度に強くなった状態で、拠点マップに入って攻略していくような戦法を取っていくことになります。


ドラゴンボール 大魔王復活』(Amazon)


そうはいっても、このゲームは本当にプレイに気を遣うゲーム。

いつでもパスワードを取ることができるのですが、本当にいつでもパスワードを取っておくことが得策。

なぜなら、拠点に入った際のアドベンチャーの進行で、やたらめったらにゲームオーバーになるから。


ちょっとしたコマンドの選択ミスでいきなりゲームオーバーになって、青くなってからでは手遅れです。

本当に何気ないコマンド1つでゲームオーバーになるんですよね。


そんなわけで、危険に思ったコマンドはなるべく選ばないように気を付けながら慎重にゲームを進めた結果、どうにかピッコロを倒してクリアすることができました。

続編にあたる『ドラゴンボール3 悟空伝』が原作再現タイプで、ストーリー的には今作のストーリーも含んでいるため、今から遊ぶならばそっちの方がいいかもな、と思いつつも、今作は3DSの『バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝 - 3DS』に収録され、『ドラゴンボール3 悟空伝』はミニファミコンのジャンプバージョンに収録されるなど、適度に遊べる環境が分かれているので、今から遊ぶのであれば、どちらでもいいので、ゲームについているパスワード機能よりも、新規に採用されているセーブ機能を活用できるゲーム機のゲームで遊びましょう。


バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝 - 3DS』(Amazon)

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン』(Amazon)

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン+ニンテンドーUSB ACアダプター』(Amazon)


今回は何度、ゲームオーバーを見て後悔したことか……。




酒缶のレトロフリークチャレンジ

FC 71本 SFC 8本 SNES 0本

GB 18本 GBC 0本 GBA 0本

MD 0本 GEN 0本

PCE 1本 TG-16 0本 SGX 0本

GG 2本 MKIII 1本 SG 0本


※画面写真はレトロフリークから出力された映像を使用して撮影しています。


パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000