レトロフリークを使ってみた2

レトロフリークをテレビに繋いだので、早速ゲームのプレイを……と焦ってはいけません。 レトロフリークはただ単にHDMI出力で11機種のゲームソフトをプレイできるだけではなく、ゲームをインストールする機能もあるので、この辺りをきちんと意識して環境を整えなくてはいけません。 ゲームをインストールするためにはmicroSDが必要なので、レトロフリークを購入する際には、一緒に購入しておくといいでしょう。 Newニンテンドー3DSなんかでも一緒なのですが、ゲーム機を使用し始めた際に入れたmicroSDを後々大きなサイズに変えるのは面倒なので、今のうちに大きなサイズのを入れておきましょう。 レトロフリークではmicroSD/microSDHC FATフォーマットで256MB~32GBに対応していると言うことなので、microSDHC 32GBを用意しました。

レトロフリーク本体にmicroSDを入れたら準備完了。 では電源を入れてみましょう。 画面には最初に言語の表示。 続いて、使用許諾の契約事項の確認画面になります。 レトロフリークには11種類のゲーム機向けのゲームをインストールすることができ、インストールしたゲームはカートリッジを差さなくてもプレイできるようになります。 これは、カートリッジがなくてもゲームで遊べるということになるのですが、だからと言って元のカートリッジを売ってはいけません。 カートリッジを所有しているからこそ、インストールをしているゲームで遊べる、ということをしっかり認識していない人はレトロフリークを使ってはいけません。 カートリッジを所有していればいい、というだけではありません。 所有しているカートリッジが1つであれば、インストールしているゲームをプレイしている時は、カートリッジを貸し出してもいけません。 どちらかというと、カートリッジを貸し出している間は、インストールしているゲームをプレイしてはいけません、と言ったほうがいいかもしれません。 インストールするということは、カートリッジを差してプレイする部分の代替行為でしかないため、自分の所有物が2つに増えているわけではありません。 なので、常にカートリッジとインストールのデータが一緒に動いてはいけないのです。 そのことを守れる人だけが、この先、レトロフリークを使ってください。 使用許諾の契約事項に対して「同意する」を選ぶと、メインメニューになります。

あとはレトロフリークのカートリッジアダプターにカートリッジを差し込めば、ゲームをプレイすることができます。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (Amazon)

レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークIII、SG-1000用ソフト向け】(Amazon)

昔のゲーム機の場合、ゲーム機本体の電源を切った状態でカートリッジを差し、電源を入れてゲームをプレイしていましたけど、いちいち電源を切る必要はありません。 最近のゲーム機、ニンテンドー3DSやプレイステーションヴィータのように、起動した状態でカートリッジを交換しても何の問題もありません。

今度こそ、色々なゲームで遊んでみようかと思っています。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000