レトロフリークを使ってみた3

レトロフリークにカートリッジを差すと、こんな感じで簡単に認識されます。

カートリッジを差すと必ずインストールするかどうかを聞いてくるようなので、借りているカートリッジであれば、この時に「いいえ」を選びましょう。 インストールしなくてもカートリッジのゲームはプレイできるため、インストールする際には常にインストールする意味を考えましょう。 そして、あなたが所有するカートリッジでプレイする時だけ「はい」を選んでください。 インストールは一瞬で終わります。 便利な世の中になったモノです。 ここで、遊び手側が何の設定もしなくても、勝手にどのゲームが差し込まれたか認識されるのは便利ですよね。 このままゲームを始めることはできるのですが、ここで悩むのがコントローラ。 レトロフリーク本体にレトロフリーク用コントローラーアダプターを接続すると、各種ゲーム機に対応しているコントローラを接続してゲームをプレイできるようになっています。

具体的には、AV仕様ファミリーコンピュータ付属のコントローラ、メガドライブ対応のコントローラ、PCエンジン対応のコントローラ、スーパーファミコン対応のコントローラ、ファミリーコンピュータ対応のコントローラに対応しています。 とはいっても、レトロフリーク本体にこのコントローラーアダプターを接続して、そこに各種コントローラを接続するとかなりテレビの前がごちゃごちゃしそうだし、遊ぶ時にも遊びにくそうです。今どきのゲーム機でプレイしていると無線のコントローラに慣れているので、久しぶりに不便な生活に逆戻り。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (Amazon)

レトロフリーク ギアコンバーター【ゲームギア、セガ・マークIII、SG-1000用ソフト向け】(Amazon)

ひとまず一番シンプルな遊び方をしたいので……。 一応、レトロフリークにはレトロフリーク標準コントローラーが同梱されていますので、このコントローラの使用を検討してみましょう。

レトロフリーク標準コントローラーは、形的にはスーパーファミコン付属のコントローラに似ています。 ボタン配置もスーパーファミコンと大体同じで、十字ボタンとABXYLRボタンが付いていますが、optionボタンとHOMEボタンという正体不明のボタンが付いています。 スーパーファミコンのゲームをプレイするには丁度よさそうですね。 PCエンジンやメガドライブの6ボタンパッドのゲームを想定すると、ちょっと遊びにくそうな感じがしますが、とりあえずファミリーコンピュータのゲームをプレイするには問題なさそうです。 やっぱり、optionボタンとHOMEボタンの存在が気になってしまいますね。 特にHOMEボタンはWii Uやニンテンドー3DSにも付いているボタンですし、プレイしているゲームをやめてメインメニューに戻る際には、ゲームに使用するボタン以外のボタンが必要そうな気がしますので、レトロフリークの機能を理解するまでは、無難にレトロフリーク標準コントローラーを使用することにしましょうか。 そろそろ本当にゲームをプレイしようかと思います。

パッケージゲームを死ぬまで遊ぶログ(略称:パケログ)

ゲームコレクターの酒缶が、ゲームについて何らかの情報発信をしていく場。 お仕事の依頼は sakekan0404@hotmail.com まで。

0コメント

  • 1000 / 1000